製品情報

軽自動車の常識を変える、 快適性とデザイン性の両立 Honda N-BOX SLASH

Hondaの軽自動車「N」シリーズ第5弾として発売された「N-BOX SLASH」。
軽自動車とは思えない圧倒的な「快適性」と見た人を釘付けにする「デザイン性」を両立したシート(座席)とドアトリム(ドアの内張り)について、プロジェクトメンバーにお話を伺いました。

profile

機種LPL室
LPL(ラージ プロジェクト リーダー)

田中 睦実

1986年入社。開発試験部門に配属後、商品開発部門を経て、試作部門へ異動。
その後、試作課長を担当。2010年に機種LPL室に異動し、LPLとして担当機種の立上げを取りまとめている。

設計部

井伊 高誉

2003年入社。設計部門に配属後、ルーフライング(車内天井の内張り)の設計を担当。現在は、ドアなど内装の設計を担当している。

設計部

阿久津 武志

2005年入社。設計部門に配属後、デバイス(機構部品)関連の設計を担当。現在は、シートの設計を担当している。

開発試験部

草野 仁美

2012年入社。試験部門に配属後、材料開発に関わる業務を担当している。

プロジェクトの背景

田中:
今、世の中で、軽自動車に対するイメージが大きく変わってきています。これまでのような単なる日常の足ではなく、‘車’を楽しむ…こだわりをもって軽自動車を選ぶというユーザーが増えてきたんです。内装デザインも、レザー調のシート(座席)や豪華なドアトリム(ドアの内張り)など、ひとクラス上に達するほどのレベルが求められています。そのような中、個性的なデザインのインテリアへのニーズが高まってきました。お客さまのデザインコンセプトに応えつつ、快適性にもこだわった長く使えるシートやドアトリムを作れないか…。今回のプロジェクトはそこから動き出しました。

徹底した見映えへのこだわり

田中:
開発がスタートし、まずこだわったのは、リアシート(後席)の見栄えです。最初にお客さまからいただいたリアシートのデザインは、乗り込むときに座面下にあるフットパイプ(支持脚)が見えてしまったので、そこをスッキリさせたかったんです。そこで私たちは、このフットパイプの位置を少し後ろにつけることで、足元をよりスッキリできないだろうか…と考えました。少しでも見栄えを良くするために何度もレイアウトを検証してお客さまに提案しました。
阿久津:
「N-BOX」と異なる構造となるため、最初はお客さまから「大丈夫?」と言われましたが、具体的なサンプルを同時に提案したことで、了承を得ることができました。苦労した甲斐がありましたね。
田中:
フットパイプの位置を後方に移動させたことで、見た目はスッキリしました。しかし、フットパイプをスライドレール上に設定したことで、ダイブダウンシート(格納)の途中でパイプが移動してしまいます。復帰させた際には確実に元の位置に戻る必要がありますが、意外と難しく苦労しました。
阿久津:
CAD・CAE※1でシートの挙動やレイアウト変更に伴う解析を何度も行いました。
険しい道のりでしたが、胸を張って世の中に出せる最高のシートに仕上がったと思います。
  1. ※1CAD・CAE=コンピュータによる設計や強度解析ツール

市場の声に応えて、シートスライド機構を装備

阿久津:
また、足元のスッキリ化による見栄えの向上に加え、シートを前後に動かすシートスライド機構を装備できるようにレイアウトを成立させています。
田中:

数年前まで軽自動車は、車内の広さを売りにしていました。しかし、広いゆえに後ろの席が遠くなってしまうという市場の声があがり、今ではリアシートにスライド機構が装備されることが増えています。この機種においてお客さまより、スライド機構追加の要件はありましたが、単純にスライド機構をつければ良いという訳ではありません。プロジェクトが目指したものは、現行のN-BOXが持っているワンモーションでダイブダウンする魅力を変えずに、スライド機構を両立させる。しかも足元のスッキリ化も達成させる。言葉で言うのは簡単ですが、センタータンクであるがゆえの構造上の難しさや、ワンモーションダイブダウンとスライド機構の両立を、強度や軽量化、コスト、デザインにも配慮しなければならない。このように、かなりハードルの高い目標を立てて、開発をスタートしたのです。

阿久津:
そこで私たちは、この目標を達成するためにシート座面のフットパイプをフロア(床面)への固定から、スライドレール上で受ける構造にしました。これにより、ダイブダウン時は、今までと同様に使い勝手のよいワンモーションでの操作を成立させながら、スライド機構との両立を可能としました。
田中:
しかし、そのままでは強度が弱くなって、シートを固定しきれず、すぐに動いてしまったりすることもありました。その度にCAD・CAEによる強度解析の結果とサンプルを照合しながら改善を行ない、さらなる使いやすさと安全性を追求したことで、新しいシートアレンジを誕生させることができました。

クラスを超えた魅力あるドアトリム

田中:
ドアトリムについても、今までになかったプリント柄や高級感を演出するメタル調のオーナメント※2で軽自動車の内装とは思えない出来映えに仕上がったと思います。なかでも、最も大変だったのは、メタル調の輝きを高めることでした。
  1. ※2オーナメント=物の表面にさまざまな技法を用いて装飾を加工した部品
草野:
金属感を出すための方法として一般的には「塗装」がありますが、コストに跳ね返ってしまいます。そこで私たちは、塗装ではなく、キラキラ感を表現するために、着色調合された樹脂材料(原着)を採用し、塗装に負けないくらいの輝度を目指しました。原着の輝度を高くするために、どのくらいアルミ粉を配合すべきか、何度もトライしながら、最適な割合を見極め、量産化に結びつけることができました。
井伊:
当然、金型にも工夫をしました。本来、これだけ大きな金型を使う場合は、ゲートを数ヶ所開けるのが常識ですが、そうするとムラができやすかったりします。今回のように外観や見映えを重視すると、ゲートはやっぱり一点だけにしておきたい。アルミ粉量の調整や成型条件も変えながら、根気よくチャレンジを続け、ようやく理想のオーナメントが実現できました。

高輝度原着オーナメント
※原着=原料を直接着色する製造方法

プロジェクトを終えてお客さまの期待を超える“プラスα”のソリューションを

N-BOX SLASHのシートやドアトリムでは、今までの軽自動車インテリア以上に魅力を加えられたことで、開発者として大きなやりがいを感じることができました。私たちの使命は、お客さまからいただいたデザインを、どう再現するのか、どのぐらいの費用で造り上げるのか、オーダーにしっかりと応えつつ、さらに期待を超えるものを提供することではないでしょうか。これからも、ユーザーの快適なカーライフのために、“プラスα”のソリューションを提供していきたいですね。

Hondaのフラッグシップに息を吹き込むハイクオリティな匠の技 Honda LEGEND / ACURA RLX ワンランク上の 「安心」と「上質感」を カタチに GRACE

ページ上部へ

Copyright © TS TECH CO.,LTD. All Rights Reserved.