乗る人の安全を願って

みんなの幸せを。
―さらなる安全への挑戦

先進設備と高度な技術で、安全性能をさらに進化させています

テイ・エス テックはシートで乗員の身体を守る、乗る人の安全を願っての開発に取組んでいます。
当社は栃木県の「セイフティテクニカルセンター」と「テイエス テック アメリカズ インコーポレーテッド」に業界最高レベルの先進設備を整え、日々、乗る人の安全を願ってを進化させる研究開発を行っています。
シートメーカーとしては世界に先駆けて最新鋭のダイナミック試験機を導入し、高精度な衝突安全試験が可能な体制を構築。試験結果を高い評価・解析技術で検証することによって、安全性能のさらなる進化を実現しています。
こうした研究開発の成果として、後面衝突時の頸部への衝撃を緩和するシート構造などを商品化するとともに、その性能を進化させています。
さらに、予防安全においても研究をすすめており、ドライバーの眠気をシートでセンシングし、内蔵モーターの振動で眠気を低減する技術など多方面からの乗る人の安全を願ってに取組んでいます。

あらゆる角度からの安全性能試験でシートの安全性能を実証

前面衝突時の製品の耐久性や乗員の傷害値を計測する「前面衝突ダイナミック試験」、 シートベルト締結部の強度を測定する「シートベルトアンカレッジ試験」、衝突時に荷室の荷物がリアシートに激突した際の製品強度を検証する「荷室隔壁ダイナミック試験」、さらにはエアバックの展開性能や加害性を検証する「エアバック展開試験」を実施。

栃木県のセイフティテクニカルセンターでは、2機のダイナミック試験機をはじめとする各種試験設備とCAE解析技術を駆使し、日夜、あらゆる角度から製品の安全性能の実証と、さらに安全性能を高めるための研究を行っています。

頸部衝撃緩和シート

テイ・エス テックが開発した、後面からの衝突時に頸部への衝撃を緩和する機構は、Euro NCAP※1をはじめ、JNCAP※2など世界各国のアセスメントで高い評価を得ています。

  1. ※1Euro NCAP(European New Car Assessment Programme:欧州)欧州の自動車安全性評価機関が、実地する「自動車アセスメント」
  2. ※2JNCAP:(Japan New Car Assessment Program:日本) 独立行政法人 自動車事故対策機構が、実施する「自動車アセスメント」

眠気低減シート

クッションセンサーでドライバーの深呼吸やあくびなどの 呼吸変動を検出し、居眠などの低覚醒状態を判定。低覚醒状態だと判定するとシートに内蔵した振動モーターが作動し、眠気を低減させます。
第43回東京モーターショー2013にも参考出展。現在、商品化に向けた開発を進めています。

クッションセンサー:日本大学生産工学部機械工学科 景山・栗谷川研究室と共同研究
低覚醒判定指標:名古屋市立大学大学院 芸術工学研究科 横山研究室と共同研究

ページ上部へ

Copyright © TS TECH CO.,LTD. All Rights Reserved.