社員との関わり

理念のひとつ「人材重視」

当グループでは、企業活動の根幹となる企業理念の一つに「人材重視」を掲げ「人こそ企業の決め手」と考えています。人権尊重、人材育成、人事評価・処遇、福利厚生、職場環境など多岐にわたる領域の基礎となっており、企業理念の下で社員一人ひとりが活躍できる、安全で、快適な環境づくりに努めています。

人権意識の醸成

テイ・エス テックグループは「世界人権宣言」をはじめとした国際規範を踏まえ、「TS行動規範」に「人権尊重と労働環境整備」を織り込みました。人権を尊重し、差別的な取り扱いを行わず、雇用における機会均等に努め、いかなる児童労働・強制労働も認めません。また「TSフィロソフィー」に沿った、公正な採用選考を行っています。

人権意識の醸成を図るため、「TS行動規範」を掲載した「コンセプトマニュアル」を新規採用者を含む全社員に配布、啓発教育を実施しています。また、海外グループ会社においては「コンセプトマニュアル」をベースに、各地域の文化・風習・法律などを反映したマニュアルを策定し、全社員に対し人権への理解を深める教育を実施しています。

TS行動規範

  1. 1. 安全、快適で良質な商品・サービスの提供
  2. 2. 人権尊重と労働環境整備
  3. 3. 地球環境保護への貢献
  4. 4. 社会との協調
  5. 5. コンプライアンス
  6. 6. 会社資産や情報の保全
  7. 7. 公正・健全な取引の実践
  8. 8. 適切な情報開示

人権デューデリジェンス

当グループは、「ビジネスと人権に関する指導原則」に従って、社会に与える人権への負の影響を防止、または軽減するために、リスク検証を行う仕組みを構築しています。

全ての関係会社は、テイ・エス テックが定期的に実施するコンプライアンスおよびリスク検証(TSCG自己検証)に参画し、人権リスクについてもグループ一体となったリスク低減活動を展開しています。

グローバルでのTSフィロソフィー教育

2015年より海外グループ会社にて選抜された伝道師による「TSフィロソフィー教育」をグループ全体で推進しています。伝道師または伝道師から教育を受けたマネージャーが中心となり、現地スタッフへのフィロソフィーの周知教育を継続的に実施しています。当初掲げた目標の通り、2020年度に伝道師育成の完了を予定しており、今後もグローバルレベルで共通認識(価値観)の共有と定着を図ることで、グループとしてのさらなる結束強化を図っていきます。

社員が携帯するコンセプトマニュアル

ダイバーシティへの取り組み

当グループはダイバーシティの重要性を認識し、その想いを社員と共有するとともに、TS行動規範にのっとったさまざまな取り組みを推進しています。特に女性、障がい者、外国人のさらなる活躍を促進するため、性別・国籍などの違いが阻害要因とならないよう、雇用・就労環境の整備に中期的に取り組んでいるほか、長期的には海外各地域の国情に合わせた水平展開を目指します。

また、毎年実施している社員満足度調査にダイバーシティに関する項目を追加するとともに、人事部が若手社員に対してヒアリングを実施するなど、さまざまな方法で多様な意見を吸い上げることに努めています。社員へのダイバーシティの浸透に向けた取り組みの一例としては、管理職を対象としたダイバーシティ研修があります。さまざまな社員がそれぞれの多様な知識、経験、能力を最大限に発揮し、活躍できるよう環境整備に取り組んでいます。


女性活躍に関する採用向け冊子

障がい者雇用への取り組み

日頃からハローワークや就労支援センター、特別支援学校との定期的なコミュニケーションを図っているほか、障がい者を対象とした就活イベントへの参加など、積極的に障がい者の採用を行っています。

また、定着に向けた取り組みとして、障がいを持つ社員への定期的なヒアリングやアンケート調査を実施し、就労する上での困りごとなどを吸い上げ、働きやすい職場環境づくりにも取り組んでいます。

女性活躍

女性社員の声を広く集めた上で、マタニティ制服の導入、社内保育所の設立などに取り組んできました。また、子育て支援ガイドブックを作成し、女性をはじめ誰もが活き活きと働ける会社を実現するための活動を推進しています。

このような取り組みが認められ、2015年には、次世代育成支援対策推進法に基づく「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けました。また、2016年には、女性活躍推進法に基づき、女性の活躍に関する取り組みの実施状況が優良な企業として、厚生労働大臣の認定(えるぼし最高ランク)を受けました。


社内保育所「てくてくきっず保育園」

くるみんマーク

くるみん認定…2015年5月

次世代育成支援対策に取り組んでいる“子育てサポート企業”として認定されています。

えるぼし認定マーク

えるぼし…2016年10月

女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況などが優良な企業として認定されています。
最高ランク3つ星の認定を受けました。

定年延長(選択定年制)

2019年度より、定年退職年齢が65歳に延長されました。これまでは、満60歳に達した日からその直後の期末日の間が定年退職時期でしたが、新しい制度では、満60歳に達した日から満65歳を迎えた直後の期末日の間で、社員一人ひとりが自身の定年退職時期を選択できるようになりました。

本制度改訂は、少子高齢化が進む中、社員に働き続ける場所と機会を提供するとともに、ベテランの技術や知識を継承するための期間を設け、事業の継続性を保つ狙いもあります。

人材育成

社員が活き活きと働けるための労働政策はもちろん、社員一人ひとりが個々の目標を達成できるように意欲・能力の向上につなげる制度も整備しました。

中堅職研修(入社5年目研修)、新任管理職研修など、勤続年数や役職に合わせて実施する「階層別研修」、TS経営塾、TS Camp、TSトレーニーなど、会社が選抜した社員や自薦した社員を対象とする「選抜研修」の二つを軸に当社独自の研修体系を構築し、「人財」の育成に努めています。

今後はオンライン研修も活用するなど、新たな研修スタイルを通じて、多様な働き方への対応と、さらなる効率化を進めていきます。また、既存の研修体系の見直しを行い、次世代経営者候補の育成にも取り組んでいます。


オンライン入社時研修

教育研修プログラム

教育研修プログラム図

ワークライフバランス

社員が仕事と家庭を両立し、ライフステージに応じて多様な働き方ができる制度を整備しています。

2018年度には、多様な働き方の一環として、コアタイムのないフレックスタイム制勤務を導入し、フレキシブルでメリハリのある働き方を促すことで、効率的な時間配分による労働生産性の向上と、仕事と育児・介護などとの両立支援を進めました。また、育児に関する短時間勤務について、子どもが小学校を修了するまで利用できるよう制度を拡充しました。

有給休暇制度については、半日単位の取得限度日数を6日分へ拡大しています(2016年4月)。こうした取り組みにより、2020年には東洋経済新報社の調査による「有休取得率」が高い300社ランキングにおいて第7位と評価されました。

この他にも、育児介護休職制度などを整備するとともに、働き方の多様化実現と、ワークライフバランスに対する意識の浸透を図っています。

公正な人材評価

当グループでは年齢、学歴、性別などに左右されることない人材評価を実践しています。

例えば日本では「期待役割に見合った能力発揮・実績」を評価する制度を採用しており、社員個々人の保有スキルや業務の成果を正しく把握し、給与・等級などの処遇を通じて報いることにより、社員の意欲高揚・能力発揮やチャレンジに結びつけています。また、テイ・エス テックの社員として相応しい行動実践につなげるため、評価項目にはTSフィロソフィーの要素を組み込んでいます。さらに、社員に気付きを与え、自らの成長を促すために、業務実績あるいは能力の習得・発揮状況などについて、1年に2回以上、上司からのフィードバック面談を行っています。

社員とのコミュニケーション

満足度調査の実施

毎年、全社員を対象とした「満足度調査」を実施しています。調査内容は、仕事のやりがい・職場の雰囲気・教育の充実度など多岐にわたり、さまざまな観点から会社に対する満足度を測っています。

調査を継続し、課題の抽出・改善につなげることで、社員のモチベーションの向上や組織力の強化に資すると考えています。

労働組合との対話

当社は、労働基本権を尊重し、テイ・エス テック労働組合と定期的なコミュニケーション・協議を行い、労働条件や職場環境など働きやすい職場づくりに向けた改善に取り組むとともに、ワークライフバランスを積極的に推進しています。

安全衛生の推進

「『人材重視』の理念に基づき、『安全』を事業活動の最優先とする」を安全衛生基本方針に掲げています。担当役員主導の管理体制の下、労働災害の未然防止、社員の健康増進、快適な職場環境を整えることを目的に、OSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)にのっとり、継続的にPDCAサイクルを回す活動を行っています。

具体的な取り組みとして、リスクアセスメント、危険予知訓練(KYT)、ヒヤリ・ハット活動を全事業所で実施しており、職場に潜在しているリスクを先取りして対策することで、労働災害未然防止を図っています。また、中央労働災害防止協会の講師による研修会を2007年より毎年開催、リスクアセスメント推進者(安全管理者や生産現場の課長など)のレベルアップにつなげています。

健康管理面では「労働安全衛生法」上の「ストレスチェック」に加え、精神衛生専門医との提携により、身体に不安を感じる社員に対し、社内スタッフと連携して早期に外部専門家のケアを受けられる体制を整えています。また、メンタルヘルスへの正しい理解を促進するための社内講習会なども定期的に開催しています。2019年度より希望者に対してインフルエンザ予防接種を社内で実施し、会社が費用補助を行うことで個人のリスク管理を促進するとともに、社内の感染拡大防止に取り組んでいます。


研修風景

  • ※ヒヤリ・ハット活動:災害にはならなかったものの“ヒヤリ”“ハッ”とした経験を共有し、対策を行うことで未然に災害を防ぐ活動

OSHMS全社管理体制図

OSHMS全社管理体制図

ページ上部へ

Copyright © TS TECH CO.,LTD. All Rights Reserved.