ESG経営への取り組み

事業による利益の追求のみならず、社会と共生し、存在を期待され喜ばれる企業となるべく、この第13次中期経営計画より、グローバル全拠点でESG経営に取り組みます。ESG情報では、テイ・エス テックのこれら取り組みについてご紹介します。

ESGの重要課題への取り組み

国連の「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)は、経済・環境・社会の幅広い分野にわたり2030年に向けて地球全体が目指す姿です。テイ・エス テックでは、この実現のためには、ESG経営に取り組むことが必須であると考えます。当社のESG経営では、企業として継続的に成長しつつ、持続可能な社会の実現に貢献することを目標としています。



Sustainable Development Goals: SDGs


企業理念 3つの企業重点施策

CSRに対する考え方

テイ・エス テックのCSR活動とは、安全で快適な商品を継続的に提供し、収益と社会への貢献を拡大しながら、経済・社会・環境の各側面でバランスのとれた事業活動の展開により、TSフィロソフィーの実現を追求していくことです。こうした、当グループのCSR活動は、社員一人ひとりがTSフィロソフィーの土台である「TS行動指針」7つの姿勢を理解し、実践することで、展開されていきます。

3つの企業重点施策
※「TS行動指針」
テイ・エス テックの役員および社員一人ひとりの日々の行動を律するとともに、適切な判断を行う道標とするために制定された行動指針。お客さま、株主、お取引先、行政、一般社会、地域社会、そしてわたしたちの社内に対する姿勢を規定することで、行動の指針としています。
ページ上部へ

Copyright © TS TECH CO.,LTD. All Rights Reserved.