ディスクロジャーポリシー

基本姿勢

テイ・エス テック株式会社は、株主を含む個人投資家、機関投資家及びアナリスト等の皆さまに対し、正確な企業情報の迅速かつ公平な開示に努めます。

情報開示の基準

「金融商品取引法」及び「適時開示規則」に沿って情報開示を行うとともに、これらの定めに該当しない場合であっても、株主を含む個人投資家、機関投資家及びアナリスト等の皆さまへの有効かつ適切な情報と判断したものについては積極的に開示を行います。

情報開示の方法

東京証券取引所が提供する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」、プレスリリース等を通じた開示を行います。また、これらによって公開された情報は、適宜ホームページにも掲載します。

未公開の重要情報

証券アナリスト及び機関投資家等の皆さまとのミーティングで公開する情報は、すでに決算発表等で公開された情報及び周知となっている事実等に限ります。また、未公開の重要事実については言及しません。

IR自粛期間

決算情報の漏洩を防止するため、各決算期末から決算発表までの期間を「IR自粛期間」とし、当該決算情報についてのコメント及び質疑応答は一切行いません。

ディスクロジャーポリシーの社内徹底

当会社及びその従業員等を「金融商品取引法」等の法的責任から保護するため、株主を含む個人投資家、機関投資家及びアナリスト等の皆さまからのお問い合わせには、全て総務部広報課が対応します。また、本ディスクロジャーポリシーは全社に浸透・徹底します。

ページ上部へ

Copyright © TS TECH CO.,LTD. All Rights Reserved.