テイ・エス テックの戦略

さらなる成長を目指して~他販活動~

創業当時より築き上げてきた得意先との強固な関係を維持し、これからもグローバルパートナーとして、ともに成長を続けていくことはもちろんのこと、これまで培ってきた技術力や世界14ヵ国にまたがるグローバル開発・生産体制などの強みを活かして、新たな顧客・商権獲得に向け、欧米大手自動車メーカーなどに積極的に営業活動を展開しています。
その結果、欧州大手自動車メーカーにシートアレンジ技術を高く評価され、ミニバン用3列目シートを受注。米国大手二輪車メーカーからは二輪車用シートを多くの車種で受注するなど、成果も徐々に現れはじめています。

GLOBAL PARTNERS × NEW CUSTOMERS 欧州大手自動車メーカー
ミニバン用3列目シート

内装品は人とクルマのインターフェイス~新たな価値の創造~

電気自動車などの普及によって、内燃機関(エンジン)から、電気(モーター)に変わることで、自動車部品に大きな構造変化が求められていますが、人が乗るものである限り、シートなどの内装品はなくならない部品のひとつだと考えられます。しかし、事故が起こらない完全自動運転時代の到来とともに、シートに求められる価値観が“安全性"から他の“何か"に変化する可能性もあります。
テイ・エス テックでは、そういった将来を見据え、シートに求められる“新たな価値創造"に積極的に取り組んでいます。
乗員の姿勢や体調をセンシングしたり、運転しながらエクササイズできるシートなどを東京モーターショーで参考出品しています。

自動運転時代を見据えた感情を
理解するシート

第44回 東京モーターショー2015
参考出品
アンビエントシート
「運転しながらエクササイズ」
できるシート

第45回 東京モーターショー2017
参考出品
エクサライドシート

技術紹介

持続可能な社会への貢献~「喜ばれる企業」の実現~

企業理念である「人材重視」「喜ばれる企業」の実現には、利益の追求のみならず、持続可能な社会へ貢献することが必要不可欠です。また、それらの活動が継続的なテイ・エス テックグループの成長にもつながると考えています。
当グループでは、環境、社会、企業統治の観点でのESG経営に取り組んでおり、例えば、製品の軽量化は、燃費向上に貢献したり、使用する材料を減らすことで、資源節約にも繋がっています。他にも、世界各地で、緑の生態系保全活動や地域小学校での教育支援、寄附活動など社会貢献活動に取り組んでいます。
これらの活動について、ESGの第三者評価を取り入れ、日々改善していくことで、さらなるグローバル企業としての地位確立を目指しています。

環境にやさしいモノづくり

シートフレームはモデルを経るごとに軽量化・資源節約
省エネルギー化によるCO2排出量削減

世界各地での社会貢献活動

緑の生態系保全活動
埼玉スタジアム2002 選手ベンチ寄贈
現地小学校での教育支援

CSR情報

ページ上部へ

Copyright © TS TECH CO.,LTD. All Rights Reserved.